サントとサンタ。

サント/サンタとは、スペインでの日常生活では欠かせない大切な意味がある。
サント/サンタとも、スペイン語で「聖人」という意味。
聖書にでてくる聖人である。サントとは、男性の聖人。サンタとは女性の聖人。
スペインでは、毎日誰かしらの聖人の日になっている。
(もちろん全日ではない。調べた限りだと、350日くらいはなんらかの聖人の日となっている。)
日本でいうと、日にち全部に“大安”とか“仏滅”とか付いているのと同じである。(ちょっと違うか。)
例えば、1月30日(私の誕生日)はマルティーナさんの日。
2月14日は、バレンティンさんの日。
つまり日本でも有名な“バレンタインデー”である。
3月14日のホワイトデーは、残念ながらホワイトさんの日ではない。マティルデさんの日だ。
スペインでは、聖人に ちなんだ名前の人が多い。サント/サンタの日になると、家族、友達などから「おめでとう!」と言われる。
誕生日以外の日に、「おめでとう。」といわれるのは日本人からしたら、ちょっと不思議。
まるで、誕生日を1年に2回持っているようだ。
1年に2回「おめでとう。」と言われるが、1歳しか歳をとらないので得をしているように見える。(やっかみ?)
まあ、最近は聖書に ちなんだ名前をつける人達も減っているよう。
数十年後には、そのサント/サンタの習慣もなくなるか??
そうしたら、サンタ・トミの日とか勝手に指定したいなあ。。(エゴイスタの日とか言われそう。。。)

BACK.GIF

 

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO